HOME>注目記事>電力会社の切り替えで、気をつけたいこととそのメリットを考える

切り替え前に料金のシミュレーションを行う

電卓と電球

2016年4月1日に電力の小売が完全に自由化され、従来地域ごとに決められていた電力会社を自由に選べるようになりました。これに伴い、電気の購入先を既存の大手電力会社から新たに誕生した電力会社へと乗り換える人が増加しています。新電力会社を検討する際に、やはり最も気になるのが電気料金の問題です。新電力と聞くととにかく安いのではと考えられがちですが、必ずしもそうとばかりは言えません。各社の電気料金は使用量や時間帯によって異なり、電力会社を変更しても使い方によっては安くならないケースもあります。実際に切り替える前には、これまでの使用状況を参考にきちんとシミュレーションを行うことが重要です。

電力会社を切り替えても安心は変わらない

夜の街並み

私たちの家庭への電力供給の仕組みは電気を作る発電部門、その電気を利用者へ届ける送電部門、そして消費者への販売を行う小売部門から成り立っています。この内新電力会社の参入が相次いでいるのが小売部門です。新電力会社の仕事は発電所から電気を仕入れたり、あるいは自前で発電することで電気を調達して契約者へ販売することです。電力の供給で重要な送電部門については従来通り大手電力会社が担うため、停電や災害時の心配は必要ありません。また安定供給の面では、もしもの際の電力会社同士のバックアップ体制がきちんと整っています。そのため新電力会社へ切り替えても、これまで通り安心して電気を利用することができます。

さまざまなメリットを活用することができる

電力自由化

新電力会社の参入により新たな料金プランやガス・携帯電話など他の公共料金とのセット割引など、これまでにはなかったサービスが生まれています。数多くの選択肢から自分にぴったりの契約を自由に選ぶことができるのが、新電力会社を利用する最大の魅力です。また太陽光や風力などの再生可能エネルギーを積極的に導入したり、地元にこだわって事業者を展開する新電力会社を応援したりするのも良いでしょう。このように、新電力会社への切り替えにはさまざまなメリットがあります。

広告募集中